TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > ウォーターメロントルマリン > エルバイト

ウォーターメロントルマリン

エルバイト

「トルマリン」という名前は、単体の鉱物を指すものではなく、11種類に分けられるトルマリングループの総称です。


中でも明るくうつくしい色彩と、高い透明度で人気があるのが、「エルバイト(リチア電気石)」と呼ばれるグループです。ウォーターメロントルマリンも、エルバイトの変種のひとつです。


エルバイトには、さまざまなカラーバリエーションが存在し、それぞれに特徴的な名前がつけられています。


無色透明のものは、「アクローアイト」と呼ばれています。赤色、またはピンク色のものは「ルーベライト」、海を思わせる青色は「インディゴライト」、光彩の強い、ネオンブルーは「パライバ」といった具合に、実に細かい分類がされていますが、現在では、わかりやすい色名で呼ぶのが一般的です。

» ウォーターメロントルマリンを使ったアクセサリー

前:ウォーターメロントルマリンの鉱物学
次:パートカラー・トルマリンの仲間たち
TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > ウォーターメロントルマリン > エルバイト