TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > シルビン > ユニークな個性と意外性・シルビン

シルビン

ユニークな個性と意外性・シルビン

元気いっぱいのオレンジドロップスのような、かわいらしい色合いのシルビンですが、舐めてみると、びっくりするほど苦い。

それもそのはず、シルビンは「ニガリ」を構成する成分のひとつなのです。

岩塩(塩化ナトリウム)と非常に良く似た鉱物で、ナトリウムのかわりにカリウムを含んでいるため、「カリ岩塩」と呼ばれることもあります。

純粋なものは無色透明ですが、鉄を含んでオレンジや赤色に発色します。

シルビンのキーワードは、「個性」と「意外性」。

甘そうに見えて実は苦い、シルビンらしいスパイスの効いた性格です。

誰にでもおすすめしやすい石とは言えませんが、自分らしさを大切にしたい人にとっては大いに味方になってくれることでしょう。

» シルビンを使ったアクセサリー

前:シリンドライトの産地
次:シルビンと岩塩
シルビン > ユニークな個性と意外性・シルビン
TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > シルビン > ユニークな個性と意外性・シルビン