TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > シルビン > シルビンと岩塩

シルビン

シルビンと岩塩

岩塩の化学組成式は「NaCl」です。たいして、シルビンは「KCl」。

この式を見ただけで、両者が双子のようによく似た鉱物であることがわかります。

結晶構造も物理的性質もほぼ同じである上に、混じり合って見つかることも多く、色がついていない場合の鑑別は非常に困難です。

しかし、世界中で幅広く採れる岩塩に比べて、シルビンは非常に稀な鉱物です。自らの存在をアピールするために、鉄を味方につけて赤く発色したのではないか、と思えるほどです。

実際、シルビンというラベルの付いた標本でも、岩塩との混合体であることが多くあります。

シルビンの主要成分であるカリウムは、体内に非常に多く含まれる元素です。生物の生長にとって欠くことのできないものであり、食品添加物や飼料、肥料として広く使用されています。

» シルビンを使ったアクセサリー

前:ユニークな個性と意外性・シルビン
次:カリウムの二面性
シルビン > シルビンと岩塩
TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > シルビン > シルビンと岩塩