TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > マザーオブパール > 日本人とパール

マザーオブパール

日本人とパール

パールは世界中の海から産出し、幅広く愛されていますが、とりわけ、宝石資源に乏しい日本人とは、縁の深いものです。日本書紀、古事記、万葉集などにすでにその記述が見られます。


19世紀の後半、「真珠王」の名でよく知られているミキモトの創始者、御木本幸吉(みきもとこうきち)が世界に先駆けて、養殖真珠の産業化に成功したのは、すばらしい功績でした。


養殖真珠そのものは、13世紀ごろから中国で行われていましたが、これを世界的な産業としたのは、御木本氏の功績です。


現代においても、ミキモトは世界屈指のパールメーカーとしてその名を轟かせています。

» マザーオブパールを使ったアクセサリー

前:あこや貝とは
次:マザーオブパールの工芸品
マザーオブパール > 日本人とパール
TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > マザーオブパール > 日本人とパール