TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > マザーオブパール > あこや貝とは

マザーオブパール

あこや貝とは

あこや貝は、太平洋とインド洋の熱帯・亜熱帯の海に広く分布する、ウグイスガイ科の二枚貝です。大きさは10センチほどで、表面は地味な色合いですが、内側に見事な真珠層を隠し持っています。


「あこや貝」の名前の由来には、諸説があり、はっきりとしたことはわかっていません。もっとも有名なのは、阿古屋の浦に多く産したため、という説です。「阿古屋の浦」とは、現在の愛知県、知多半島周辺の古称です。


古今和歌集には、真珠のことを、「あこやだま」と表記している例が見られます。

» マザーオブパールを使ったアクセサリー

前:マザーオブパールの種類
次:日本人とパール
マザーオブパール > あこや貝とは
TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > マザーオブパール > あこや貝とは