TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > ゲッチェライト > 砒素鉱物の仲間たち

ゲッチェライト

砒素鉱物の仲間たち

砒素は13世紀に発見された、半金属元素です。

無味無臭の劇薬であることから、古今東西で暗殺の道具として用いられてきました。

日本国内で有名になった砒素事件は、なんといっても130名以上もの乳幼児の命を奪った「森永砒素ミルク事件」でしょう。

事件から半世紀以上も経った現在でも、この事件が原因で砒素中毒に苦しんでいる方が大勢います。砒素毒の恐ろしさを日本中に知らしめた大事件でした。

平成に入ってからは、和歌山で起きた「毒物カレー事件」が注目を集めました。この事件では、67名の中毒患者と4名の死者を出しています。

このように実に恐ろしい砒素ですが、どういうわけだか砒素を含んだ鉱物には個性に富んだ、とても魅力的なものが多いのです。

艶やかな緋色と冷たい真珠光沢が魅力のゲッチェライトをはじめとして、花火の着色にも用いられる、オレンジ色のリアルガー(鶏冠石・けいかんせき)、透明感のある黄色が美しいオーピメント(石黄・せきおう)、銀白の硫砒鉄鉱、無骨な柱状結晶の塊が奇妙な魅力を放つ硫砒銅鉱など、一度見たら忘れることのできない、個性的な面々が揃っています。

» ゲッチェライトを使ったアクセサリー

前:ゲッチェライトと金
次:アンチモンの仲間たち
ゲッチェライト > 砒素鉱物の仲間たち
TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > ゲッチェライト > 砒素鉱物の仲間たち