TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > チャロアイト > 魅惑の新鉱石・チャロアイト

チャロアイト

魅惑の新鉱石・チャロアイト

紫と白の幽玄なマーブル模様が印象的なチャロアイトは、1978年、ロシアの鉱物学者ベーラ・ロゴワ女史によって登録された、非常にあたらしい鉱物です。


しかし、この魅惑の新鉱物がシベリアの奥地で発見されたのは、実はそれよりも30年ほどさかのぼる、1949年のことです。当時の学者たちは、この石を角閃石(かくせんせき)の一種と鑑定し、あたらしい鉱物だとは思っていなかったのです。


それに異を唱えたのが、気鋭の女性鉱物学者ロゴワ女史でした。彼女はこの複雑に入り組んだ繊維質の石に一目で気に入り、熱心な研究を重ねてゆくうちに、まったくあたらしいタイプの鉱物であることを突き止めました。

» チャロアイトを使ったアクセサリー

前:ウォーターメロントルマリンの産地
次:チャロアイトとティナクサイト
チャロアイト > 魅惑の新鉱石・チャロアイト
TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > チャロアイト > 魅惑の新鉱石・チャロアイト