TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > ブラッドストーン > ブラッドストーンの鉱物学

ブラッドストーン

ブラッドストーンの鉱物学

ブラッドストーンは微細なクォーツの結晶が集まった、ジャスパー(碧玉・へきぎょく)の変種のひとつです。


特徴的な赤色の斑点は、酸化鉄によるもので、天然でもよく見られますが、加工してつくられることもあります。


一般的には、不透明なものを指しますが、半透明のカルセドニーでも、同様の色の取り合わせであれば、ブラッドストーンと呼ばれることがあります。


ドイツでは、ブラッドストーンといえば、鉄鉱石の一種である「ヘマタイト」を指し、この石は「ブルーストーン」と呼ばれています。

» ブラッドストーンを使ったアクセサリー

前:ブラッドストーンの神秘
次:インドのブラッドストーン
ブラッドストーン > ブラッドストーンの鉱物学
TOP > 天然石・パワーストーンの意味dictionary > ブラッドストーン > ブラッドストーンの鉱物学